肝斑が出来やすい人の特徴や肝斑の症状を解説します

女性の悩み相談室

肝斑が発生しやすい人

レディ

ホルモンのバランスが乱れている

肝斑が発生してしまう原因として挙げられるのが、女性ホルモンのバランスが乱れてしまっているという事です。女性ホルモンはどうして乱れてしまうのかというと、ストレスや生活習慣が良くないといった事があるでしょう。

妊娠や出産

妊娠中や出産直後といった女性は肝斑が発生しやすいと言われています。なぜ肝斑が発生してしまうのかというと、妊娠中の女性はプロゲステロンが多く分泌されてしまい、このプロゲステロンが肝斑の発生を促進させてしまうのです。

紫外線を良く浴びる

肝斑が出来る主な原因として挙げられるのがホルモンによるものですが、肝斑が発生することによって紫外線の刺激を受けやすくなってしまう事があります。そのような時に紫外線を多く浴びてしまうと、シミを発生させてしまうこともあるのです。シミが発生してしまうと消すことが困難となってしまうため、紫外線対策はきちんと行う必要があるのです。肝斑と同時にシミが出来てしまったという場合には、大阪の美容外科で相談を行い治療を検討しましょう。

肝斑のチェック項目

左右対称に発生している?

肝斑の特徴として挙げられるのが、頬の高い位置で左右対称に発生するということです。通常のシミの場合、左右同時に現れるということは稀となります。

ストレスを多く受けている

ストレスを多く感じているような時期に急にお顔にシミが出来てしまったという場合、そのシミは肝斑である可能性が高いと言えるでしょう。ストレスを受けるとホルモンバランスが崩れてしまい、肝斑が発生しやすくなるのです。

時期によって濃ゆさが変わる

肝斑は薄くなったり、濃ゆくなったりと変化することが特徴として挙げられるものです。シミの濃ゆさが時期によって変化していく場合には肝斑を疑ってみると良いでしょう。

避妊薬を飲んでいる

避妊薬を飲んでいるような女性は、ホルモンが乱れるような場合もあります。したがって、肝斑が発生してしまう事もあるのです。避妊薬を飲み始めてシミが発生したのかどうかを検討してみましょう。

生活習慣が乱れている

不摂生や睡眠不足といった身体にとって良くない生活習慣を送っているという方は、肝斑が発生してしまうリスクを高めてしまいます。生活習慣が乱れているような方にシミが出来た場合には、肝斑の可能性も考えてみるようにしましょう。